トップページ > 7. 健康・生きがい系 > ヘルスケアアドバイザー

ヘルスケアアドバイザー




【概要】
ヘルスケアアドバイザーは、ヘルスケアに関する生活全般に関わる幅広い知識を持ち、健康の維持・増進や病気の予防や改善のため、セルフケアアドバイスを行う事が目的。

【取得方法】
@通信教育・ビデオ学習
A認定試験合格

【受験検定料】
6万6150円
※認定試験料、認定登録料は別途費用がかかる

【ヘルスケアアドバイザーに関する問合せ先】
ヘルス・アンド・ビューティケア人材育成センター
〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-10
楓第2ビル 9F
TEL:045-478-5461
URL:http://www.hbc-ctr.gr.jp

ヘルスケアアドバイザー カテゴリ一覧

 健康運動指導士
個人の目的に合った健康づくりのために運動メニューを提供・指導し、生活習慣病を予防して健康水準を保持・増進することを目的としている。
 健康生きがいづくりアドバイザー
「生きがいは与えられるものではなく,自ら実現していくもの」という視点で、その人にとっての生きがいをクリエイト(創造)していくことを支援する知識と技法を身につけた専門家。
 生きがい情報士
中高年齢者の精神的・身体的な健康の維持・増進とセカンドライフの生きがい創造を支援することが目的。中高年齢者の社会参加、就労、健康、余暇、経済、医療、福祉等の領域に関する専門知識、支援情報を検索するためのコンピュータ技術等を活用し、ライフプラン作成やその他必要な支援を行なう者。
 ウエルネスデザイナー
健康づくりの3要素である栄養、運動、休養をベースにバランスのとれたライフスタイルを支援・アドバイスできる指導者。
 健康運動実践指導者
医学的基礎知識、運動生理学の知識、健康づくりのための運動指導の知識・技能等を持ち、健康づくりを目的として作成された運動プログラムに基づいて、実践指導を行うことが出来ると認められた者。病院、老人福祉施設、介護保険施設や介護予防事業等で活躍する。
 健康管理士一般指導員
未然に病気を防ぐ環境作り・肉体作り・生活作りのプランニングを行ったり、企業や自治体、家庭において人々の健康を守るなど、医師とは異なる観点から健康を守る手伝いをする。栄養士・看護士のキャリアアップや、教師・保母が生徒や園児の健康管理を行ったり、フィットネスクラブやエステティックサロンでも活躍する。
 ヘルスケアアドバイザー
ヘルスケアに関する生活全般に関わる幅広い知識を持ち、健康の維持・増進や病気の予防や改善のため、セルフケアやアドバイスを行う事が目的。
 余暇生活相談員
「家族や友人との余暇の過ごし方を工夫したい」という日常的な欲求から、「定年後の過ごし方に不安がある」という将来にわたる問題まで、レジャーカウンセリングの技術をもって個人の余暇生活全般の相談に応えていく身近な余暇生活アドバイザー。
 シニアライフアドバイザー(SLA)
中高年齢者の生活に関して総合的に相談を受けることができる相談員として技能を修得した者。行政または企業が開催するイベントや講演会などの企画、運営および講師や、雑誌、機関誌などからの依頼原稿執筆および広報誌の企画、編集、執筆等で活躍。正式名称は「中高年齢者総合生活相談員」。

掲載サイト


その道のプロが、あなたをガイド。All About
資格 ガイドサイト >> おすすめINDEX >>
医療・福祉資格 勉強サイト

一発検索!

 

Copyright © 2014 一発検索!医療関係の資格・試験情報サイト. All rights reserved