トップページ > 4. 医療事務系 > 医事コンピュータ技能検定

医事コンピュータ技能検定


現役医療事務員に直接インタビューを決行!⇒

【概要】
医事コンピュータ技能検定は、医療事務及びコンピュータについての基礎的な知識を有し、 カルテ及び診療伝票を基に医事コンピュータを用いて正しいレセプトを作成することができるかを判定するもの。

【試験内容】
@医療事務知識
Aコンピュータ関連知識
B実技(オペレーション)

【受験資格】
特になし

【受験検定料】
・会員校の受験者
準1級:6000円
2級:5000円
3級:4000円
併願2・3級:9000円
併願準1・2級:1万1000円

・一般の受験者
準1級:8000円
2級:7000円
3級:6000円
併願2・3級:1万3000円
併願準1・2級:1万5000円

【医事コンピュータ技能検定に関する問合せ先】
医療秘書教育全国協議会
〒134-0088
東京都江戸川区西葛西6-17-1-201
TEL:03-5675-7077
URL:http://www.medical-secretary.jp

【医事コンピュータ技能検定に関する講座】

医事コンピュータ技能検定 カテゴリ一覧

 メディカルクラーク(医療事務技能審査)
医療事務全般の知識、患者とのコミュニケーション能力が求められる。一度資格を取得すると、景気に左右されずに就職や転職が有利になり、女性に人気が高い資格。
 医療秘書技能検定
医療機関並びに医療関連機関に勤務する医療秘書として、実務マナー、医療法規や医学用語、医療事務の領域に高度な知識と技能を持ち、業務を専門的に遂行することができるかを判定するもの。病院だけではなく、製薬会社や医療機器メーカー等、幅広く活躍する。病院実務の専門家。
 医事コンピュータ技能検定
医療事務及びコンピュータについての基礎的な知識を有し、 カルテ及び診療伝票を基に医事コンピュータを用いて正しいレセプトを作成することができるかを判定するもの。
 医療事務管理士
医療機関内での患者受付け業務、治療費の計算などの会計業務、カルテ管理などさまざまな業務があり、患者受付け業務、専門的な書類の作成技術や計算能力はもちろん、医学や薬学の知識も求められる。医科と歯科の2種類に分かれている。
 医事管理士
診療や補助に関する情報処理をして料金化する医事部門職員の資格。
 メディカルレコードコーディネーター
(財)日本医療教育財団が診療情報管理者の有する知識・技能の程度を評価・認定する資格。診療情報管理専門知識や病名コーディングの知識が必要。
 医事オペレータ技能認定試験
レセプト作成を迅速に行うためにコンピュータを活用するなど、医療事務の現場でコンピュータ操作のできる能力を評価するもの。この試験に合格すると、メディカルオペレータの称号が与えられる。
 病歴記録管理士
(財)日本病院管理教育協会が主催している資格で、病院の診療各科の医師の補助者として、病歴記録の管理とその活用を担当する専門職員。
 調剤事務管理士
薬剤師が調剤に専念するため、処方せんの受付や会計を担当する事務スタッフとして活躍する。調剤報酬の仕組みを理解し、正確に調剤報酬を算定し請求する等、調剤報酬の算定に関する知識とスキルが求められる。
 調剤報酬請求事務専門士
国の機関によって認可され、履歴書に記載できる調剤報酬請求事務最高レベルを誇る、国内最初の全国統一試験。調剤報酬請求事務を担当し、薬剤師のバックアップを行う事が主な目的。
 医療保険士
医療保険学院が認定する資格で、病院等の会計事務や、保険診療の明細書を作成する専門家。
 保健請求事務技能検定試験
日本医療事務協会が主催するもので、点数表を使ってカルテからレセプトを作成する実践向けの内容の為、医療機関からの信頼度が高く、就職活動での認知度も高いのが特徴。

掲載サイト


その道のプロが、あなたをガイド。All About
資格 ガイドサイト >> おすすめINDEX >>
医療・福祉資格 勉強サイト

一発検索!

 

Copyright © 2014 一発検索!医療関係の資格・試験情報サイト. All rights reserved