トップページ > 3. 保健系 > 救急救命士

救急救命士


【概要】
救急救命士は、救急現場や救急車内などで、医師の指示を基に救急救命処置を行う。気道確保、輸液処置、心拍の回復など、医療施設に着くまでの間、患者の生命の危険を回避する事を求められる。

【資格・試験種類】
国家資格

【試験内容】
@基礎医学(社会保障・社会福祉、患者搬送を含む。)
A臨床救急医学総論
B臨床救急医学各論(一)(臓器器官別臨床医学)
C臨床救急医学各論(二)(病態別臨床医学)
D臨床救急医学各論(三)(特殊病態別臨床医学)

【受験資格】
大学に入学することができる者であって、文部科学大臣が指定した学校又は厚生労働大臣が指定した救急救命士養成所において、2年以上救急救命士として必要な知識及び技能を修得したものなど

【受験検定料】
3万3600円

【実施場所】
北海道、東京都、愛知県、
大阪府、福岡県

【救急救命士に関する問合せ先】
厚生労働省医政局指導課
〒100-8916
東京都千代田区霞ヶ関1-2-2
TEL:03-5253-1111
URL:http://www.mhlw.go.jp

救急救命士 カテゴリ一覧

 医師
看護師や薬剤師らと共に、患者の生命と健康を守る事が主な仕事。医療スタッフのリーダーとして、的確な指示や対応が求められる。常に研究と勉強が必要。
 歯科医師
歯科医院、診療所などで人々の歯の診断や治療、予防を行う歯の専門家。開業の比率が高く、人気も高い。
 医師国家試験予備試験
合格してから、更に1年以上の診療及び公衆衛生に関する実地修練の後に、医師国家試験を受験する事ができる。
 歯科医師国家試験予備試験
合格してから、更に1年以上の診療及び公衆衛生に関する実地修練の後に、歯科医師国家試験を受験する事ができる。
 看護師(看護婦・看護士)
医師や歯科医師の指示を受け、医療の補助を主に行う。また、病院や診療所はもちろん、社会福祉施設でも活躍し、患者やその家族などに対して、精神面でのケアを行う事もある。近年では高齢化社会に伴い、医療業界でのニーズが更に高まり、就職率100%と言われている。これまでは女性(看護婦)が多いとされてきた職業だが、男性(看護士)の人工も増加してきている。
 准看護師
看護師と内容は同じで、医師や歯科医師、看護師の指示を受け、医療の補助を主に行う。また、看護師国家資格は厚生労働省が実施するが、准看護師試験は地方自治体が実施する。
 救急救命士
救急現場や救急車内などで、医師の指示を基に救急救命処置を行う。気道確保、輸液処置、心拍の回復など、医療施設に着くまでの間、患者の生命の危険を回避する事を求められる。
 保健師
保健所、学校、事業所、保健センター、市町村役場など幅広く活躍し、健康診断やエイズ対策、予防接種、訪問指導など、保健師によっても仕事は様々である。
 歯科技工士
歯科医師の指示に従って、入れ歯(義歯)、さし歯、金冠、矯正装置の製作・修理・加工等を行う事が主な仕事。病院、歯科診療所、歯科技工所、歯科器材メーカーなどで働く。歯科医師や歯科衛生士とは違い、歯の治療などは行う事ができない。
 歯科衛生士
歯科医師の指導により、歯の磨き方の指導や虫歯の予防、歯石の除去など、歯科技工士とは違い患者の口腔内に直接触れる事ができる。歯科医院はもちろん、保健所や、老人福祉施設、障害者施設などで活躍する。資格取得後は就職率が高く、女性が多いのが特徴。
 助産師
妊産婦の心のケアや、育児相談、保健指導、分娩介助などを行い、病院、助産施設、保健センター、母子健康センターなどで働く。女性のみ資格を取得する事ができるのが特徴。
 受胎調節実地指導員
避妊具の実地指導や受胎調節に関する知識の指導・教育、避妊用の医薬品の販売等を行う事が主な仕事。
 診療放射線技師
医師や歯科医師の指示により、人体への放射線の照射・撮影、画像診断装置による検査を行う事が主な仕事。病院、検診センター、保健所・保健センターなどで働く。
 臨床検査技師
医師の指導のもと、生理学的検査、血液学的検査、微生物学的検査、寄生虫学的検査などの検査を行い、診療に必要なデータを提供する事が主な仕事。病院、臨床検査センター、保健所、衛生研究所などで活躍する。
 臨床工学技士
医師の指示の下に、血液浄化装置、人工心肺装置、人工呼吸器等の生命維持管理装置の操作及び保守点検を行うことが主な仕事。近年の医療機器の目覚ましい進歩に伴い、医学的、工学的な知識を必要とする専門技術者として医療の重要な一翼を担う。
 細胞検査士
日本臨床細胞学会が認定している資格で、患部から採取した細胞を検査して、がんなどの悪性細胞を発見するなどの細胞診スクリーニングを行う事が主な仕事。綿密さと正確さが求められ、高度な能力が必要とされる。
 赤十字救急法救急員
日常生活における事故防止、手当の基本、人工呼吸や心臓マッサージの方法、止血の仕方、包帯の使い方、骨折などの場合の固定、搬送、災害時の心得などについての知識と技術を習得した者に対し、日本赤十字社が認定するもの。
 デンタル・アテンダント
歯科クリニックが求めている知識・技能を持つ新時代の歯科助手資格検定試験。

掲載サイト


その道のプロが、あなたをガイド。All About
資格 ガイドサイト >> おすすめINDEX >>
医療・福祉資格 勉強サイト

一発検索!

 

Copyright © 2014 一発検索!医療関係の資格・試験情報サイト. All rights reserved