トップページ > 1. 資格指南! > 資格の種類

資格の種類


"資格"には、国家資格民間資格があります。

1. 【国家資格】
国が法令に基づいて認定するものであり、国家試験に合格する事により与えられるもの。

「国が認定する」という強烈なキーワードで、社会的に認知度、信頼度が高いものが多いようです。また、その中でも業務独占資格必置資格名称独占資格に分けられます。

業務独占資格
医師、看護士や教員免許、自動車免許など、その資格や免許が無いと、業務を行う事ができないもの。

必置資格
化粧品製造(輸入販売)業責任技術者や、医療機器製造業責任技術者など一定の事業場等において当該資格者を管理監督者等として配置することが義務付けられているもの。

名称独占資格
これらの資格を取得する事で、名称を名乗る事ができる。
歯科医師や歯科衛生士などの資格(業務独占資格)を持っていない人が歯の治療をすると法律違反となるが、精神保健福祉士や社会福祉士など(名称独占資格)は、その資格を持っていなくても福祉業務を行う事ができる。
資格を持っていない人が精神保健福祉士や社会福祉士を名乗ると違法となります


2. 【民間資格】
各種団体が任意に認定するもの。資格を作る事に対して法律上の規定が無い為、国家資格に匹敵するほどメジャーなものから、誰も知らないマイナーなものまで幅広く存在する。

資格の勉強

〜民間資格を取得する際の注意!〜
法律上の規定が無い事を良いことに、金儲けを目的として人を騙す者もいるようです。人気のある資格を取得する為の教材を高額で販売したり、「就職に有利」「大金を手にする事ができる」等を文句に人を集め、ありえない額の受講料を払わされたりと、やり方も様々です。

そんな被害に合わない為にも、まず自分の取りたいと思う資格を良く調べ、怪しいと思ったらその時点で諦める事も大切です。

損をしないよう気をつけましょう。


>>次の章では、「医療関係の人気がある資格」を追求していきます。

次の章へ

資格の種類 カテゴリ一覧

 資格は役に立つの?
資格を取る目的は人それぞれあると思います。就職・転職する際に資格が欲しい、キャリアアップの為に資格を取りたい、何でもいいから資格を集めたい!(俗に言う資格マニア)などなど、その人の考え方や環境によっても左右されます。
 資格の種類
1. 【国家資格】国が法令に基づいて認定するものであり、国家試験に合格する事により与えられるもの。2.【民間資格】各種団体が任意に認定するもの。資格を作る事に対して法律上の規定が無い為、国家資格に匹敵するほどメジャーなものから、誰も知らないマイナーなものまで幅広く存在する。
 人気の資格は?
医療事務系の医療事務技能審査(メディカルクラーク)が1位となっています。医療事務は、医療業界の中でもニーズが高く、生涯使える資格として人気があります。また、2位の看護師も、需要はどんどん増加してきており、それに伴って資格を取得をしようとする人口も年々増えてきています。3位〜5位は「手に職」系で、独立開業を目指す事ができる資格が並んでいます。地味だと思われがちな職種ですが、高齢化社会に伴い需要と供給が増し、これからも伸び続ける事が考えられます。
 資格・試験を調べる!
取得する資格をある程度決めたら、次はより詳細な情報を手に入れるべきです。資格を取得する為にどうやって勉強したらいいんだろう?また、その資格が将来何に役立つのか?その業界の今後は?など、細かく調べる必要があります。
 書籍を活用する!
これまでの章で、資格の必要性、資格の種類、人気の資格、資格の調べ方を指南してきました。資格に対する知識も少しはついてきたと思います。ここでは、自分が目指している資格に対して、より深い知識を得る為に、”書籍を活用する”事をお勧めします。
 通信教育・通信講座を活用する!
学校やお仕事等で、資格の勉強する時間がない人にお勧めなのが、通信教育・通信講座です。

掲載サイト


その道のプロが、あなたをガイド。All About
資格 ガイドサイト >> おすすめINDEX >>
医療・福祉資格 勉強サイト

一発検索!

 

Copyright © 2014 一発検索!医療関係の資格・試験情報サイト. All rights reserved