サイトをリニューアル致しました!

資格は役に立つの?

誰もが考える資格の必要性。”資格は本当に役に立つのか?”

【資格はツールである】

資格を取る目的は人それぞれあると思います。就職・転職する際に資格が欲しい、キャリアアップの為に資格を取りたい、何でもいいから資格を集めたい!(俗に言う資格マニア)などなど、その人の考え方や環境によっても左右されます。

これら全てに共通するのは自分の目標に近づく為の”ツール”である事です。

資格を取得する事が最終的な目標ではなく、就職・転職をする為に、キャリアアップの為に、自分が満足を得る為に、まず資格を取る。そこから新たな一歩を踏み出します。

【資格の現状】

近年では、資格の必要性が重要視されてきており、最低限必要な知識として、業務に関連した資格取得を入社条件としている企業もあります。

また、キャリアアップ制度として、資格を取得する際に発生する費用を会社が負担したり、資格を取得した事により特別手当が支給されるなど、人材育成に力をいれている企業も数多くあります。

これらの事を考えると、資格を持っている人、持っていない人とでは差が生まれ、場合によっては人生を大きく変えるチャンスを逃してしまう事さえあります。

これは決して大げさな事ではありません。

【有資格者が有利】

国家資格には業務独占資格や必置資格(※次の章で説明)があり、資格を持っていないとできない仕事や、事業場等に当該資格者を配置する事が義務づけられているものもあり、有資格者にとって非常に有利と言えます。

また、資格取得に挑戦する事で、知識の獲得・自信にも繋がり、仕事への意欲を高め、更なる目標を目指すきっかけとなります。

【資格が必要かそうでないかは自分次第】

自分の目標に対して、この”ツール”をどのように利用するか、またその利用の仕方次第で「資格を取って良かった~!」、もしくは「資格なんてまったく意味ないじゃん。要らないね」となるのです。

あなたは前者・後者のどちらですか?

>>次の章では、「資格にはどんな種類があるのか」を解説していきます。